髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>発毛・育毛ブログ

発毛・育毛ブログ

日本レーザー医学会「青色の光で髪生えた」
中日新聞に載った「青色の光で髪生えた」という記事のもとになった
名市大の岡嶋教授の特別講演を聴くために日本レーザー医学会に参加しました。
特別講演の内容は主にインスリン様増殖因子(IGF-I)についてでした。

インスリン様増殖因子(IGF-I)とは成長ホルモンにより合成される経路と
軽いストレスを受けることでカプサイシン感受性知覚神経を介して
CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)が増加し、IGF-Iが合成される経路の2つがあります。
成長ホルモンは加齢とともに減少するためこの経路から作られるIGF-Iは減少しますが、
もう一つの経路で作られるIGF-Iは外からの刺激で増加させることが出来ます。
そしてこのIGF-Iが心身成長、抗加齢効果を担っているので
これを増加させることがアンチエイジングになるのです。

具体的なIGF-Iに働きは
脳の海馬神経細胞の機能改善、再生により認知機能やうつを改善
血管拡張作用や糖代謝、高脂血症改善によりメタボリックシンドロームを予防
ナチュラルキラーセル活性化による免疫能アップ
骨密度を改善し骨を丈夫に
毛母細胞を活性化し髪を再生
皮膚の血流を増加し、コラーゲン合成や汗腺、皮脂腺の分泌を増加し、肌の若返り
などがあります。

実際にどのようなことをするとIGF-Iを増やせるかという例をあげると
青色光は皮膚を介して
ワインポリフェノールのレスベラトールは異粘膜を介して
鍼灸は皮膚を介して
ワサビの匂いは嗅覚を介して
1.3気圧程度気圧を上げることで
さらに
青色光を照射した水
低周波を照射した水
磁場を照射した水
を飲んでも
IGF-Iが増加します。

この中で岡嶋教授は青色光によるIGF-Iが増加することを実証し、臨床応用しました。
症例数はまだ少ないですが、
脳疾患の患者に 1回 30分照射することで認知症が改善し、
皮膚に 1回 10分照射 2週間照射することでシワが改善し、
円形脱毛症の患者に 1回 20分照射 2週間照射することで発毛することが確認されました。

この講演を聴いて
当院には青色光を照射できるフォトクリアやアキュライトがあるので
これを用いた新しい発毛治療を開始することにします。
開始に当たってモニターの募集も予定しています。
具体的なことについては、後日このブログでお知らせします。

余談ですが、
家庭用の白色LED電球の中身は青色発光ダイオードを黄色の色素に反射させて
白く見せているそうで、これでもIGF-Iを増加させることができます。
エコとアンチエイジングの一石二鳥です。
一度家庭の電気を交換してはいかがですか?

名古屋 アンチエイジング 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ (2010年11月20日 17:21) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :