髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>発毛・育毛ブログ

発毛・育毛ブログ

新しい発毛治療モザイクB-TCES
当院では既に新しい原理で毛の成長を促す「モザイクhpレーザー」と
脂肪肝細胞由来増殖因子「AAPE」を併用したモザイクHARG療法を行っています。


今回このAAPEの代わりに植物幹細胞由来増殖因子であるB-TCESを用いた

「モザイクB-TCES」を開始します。

B-TCESはスイスの高山地域に生える植物の
胚(Embryos) と胎盤(Centas) から抽出した
幹細胞由来の増殖因子です。

皮膚の真皮層に浸透し損傷された細胞の再生を促し、
免疫力の強化と毛髪の増殖も促進してくれます。

老化した肌を改善し、皮膚組織への酸素供給及び細胞の酸素活性率を高め、
若くて潤いのある皮膚を維持するのに効果的なアンチエイジングソリューションです。

B-TCESは下記のような4種類の増殖因子があります。
BIOEMBRYOS  皮脂減少、老化防止、シワ防止に役立ち、ヒアルロン酸は皮膚に弾力を与えます
BIOSERUMS 血液循環を改善し、皮膚細胞の新陳代謝を促進し、肌のトーンを明るくする効果があります
BIOCENTAS ニキビ跡や傷跡のような損傷された皮膚を再生し、皮脂腺の炎症や毛髪再生にも有効です
BIOTHYMUSS  細胞増殖因子が毛髪と毛穴の分裂成長を促し、免疫力を高めアレルギーを改善します。

顔に対するアンチエイジングの目的では既に多くの方に受けていただいていますが
このうちBIOTHYMUSSとBIOCENTASをもちいて
発毛を目的としたモザイクB-TCESを行います。

治療はまずモザイクhpレーザーを用いて1cm2の頭皮面積に対し1000~2000個の毛穴よりも微小なミクロの穴を開けます。これにより毛根まで到達したレーザーが毛根を刺激、毛母細胞を活性化させ発毛を促進します。さらにモザイクhpレーザーを照射後に、毛根細胞を刺激する増殖因子(B-TCES)をクライオセル・ケアシスで導入します。レーザーの毛根に対する直接効果と発毛に関わる増殖因子が毛の成長をさらに促進します。

導入にあたって半額モニターを募集します。

詳細はこちら!

名古屋 発毛治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ (2011年3月 8日 18:11) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :