髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>発毛・育毛ブログ

発毛・育毛ブログ

AGAエキスパートワークショップ
以前東京で行われたAGAエキスパートミーティングに参加したことをブログで書きましたが、
11月6日に名古屋でも行なわれ招待されたので参加しました。
東京メモリアルクリニック平山の佐藤先生が講師でした。
東京のセミナーでも講演をお聴きしたのですが、
今回は8000例以上のプロペシアの治療経験と
効果判定のための上手な写真撮影についての講演でした。
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
フォトクリアで発毛治療
11月10日の中日新聞
(東海地区の地方紙ですが、この地方のシェアは70%のメージャーな新聞)に
名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋教授らのグループが臨床実験で確認した記事
「青色の光で髪生えた」が掲載されました。
この内容は円形脱毛症の患者で他の治療法では効果がなかった男女6人を対象に
青色発光ダイオードの光を頭部に照射し6人のうち5人に髪が増えたというものです。

この研究結果は13日から名古屋で開かれる日本レーザー医学会で発表される予定です。

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
HARG(増殖因子)療法の作用機序
毛髪成長の仕組みは毛包のバルジに幹細胞があり、ここに増殖因子が働くことで
幹細胞が毛根に下がってきて毛母細胞を作る事で発毛し、成長します。

老化による薄毛の場合はこの成長因子が減少し
バルジにある幹細胞の働きが悪くなるため髪が薄くなります。

男性型脱毛症(AGA)の場合はジヒドロテストステロン(DHT)が
毛母細胞の分裂を抑制するため、髪が抜け、薄くなっています。
プロペシアはこのDHTの合成を阻害することで、抜け毛が減少し
髪が生えてきます。
ただ40歳以上の方は加齢により増殖因子の合成が少なくなっている要因もあるため
プロペシア単独では髪は抜けなくなったが、増えないという場合もあります。

この場合発毛を促進する増殖因子であるIGF-1、VEGF、b-FGF、KGFを
頭皮に入れることでバルジにある幹細胞を刺激し
毛母細胞が再生し髪がよみがえるのです。

HARG療法は臨床データから100%の発毛が確認されていますが、
髪が増え満足できる状態になる方は約80〜90%です。
重症例や高齢の方はバルジ(幹細胞)の働きが悪いので
効果がすぐに出にくく、最低2年くらいは治療をする必要があります。

これに対しストレスによる円形脱毛症や女性の老化による脱毛は増殖因子の効果が高く
3から4回の治療でも効果が出る場合があります。

また発毛レーザーはバルジのある深さの0.5mm以上の深さまで入るかが重要で
当院で使用しているモザイクhpはこれに合致しています。
まだ作用機序ははっきりしませんが
レーザーが幹細胞や毛母細胞を刺激し発毛を促すと考えられています。

名古屋 発毛治療 HARG療法 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック



■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新しい育毛剤を導入
当院では男性型脱毛症(AGA)に対してプロペシアとミノキシジルの併用療法を行っています。
ご存じのようにプロペシアは髪の発育を妨げるジヒドロテストステロン(DHT)の合成を阻害し
ミノキシジルは毛母細胞の分裂促進と血行をよくします。
今回導入した育毛剤はこの両方の効果を持ったものです。


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
発毛治療は根治療法?
当院ではいろいろな発毛治療を行っていますが
これらの治療で髪が復活したら、
もう治療を継続しなくても良いのでしょうか?
この答えは?
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
           
7