髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>男性の脱毛症

男性の脱毛症

男性型脱毛症

男性の脱毛症はほとんどが男性型脱毛症(AGA)です。
男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換され、このDHTが毛根の毛母細胞の分裂をおさえ、毛の成長を阻害します。

太くて長い毛が抜けるのは寿命が来て抜けたのでやむを得ませんが、その後生えてきた毛が成長にいたらず、抜けると髪は薄くなってきます。このため短くて細い抜け毛が多いのが特徴です。

また薄くなる部位が頭頂部(つむじの周囲)や前頭部(生え際)だけという特徴もあります。治療には5αリダクターゼを抑制しDHTを作らなくする薬剤(プロペシア)を使用します。

*DHT(ジヒドロテストステロン):DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なります。胎児期には男性胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、男性型脱毛、前立腺肥大、ニキビなど好ましくない症状を引き起こします。

治療法

■ 保険外診療

プロペシア・ミノキシジル併用療法(皮膚科学会ガイドライン推奨)

さらに強い効果を期待したい方!

ザガーロ

ミノキシジルタブレット

KIPヘアーエッセンス

※上記で効果が悪い場合

男性型脱毛症(AGA)症状別治療法

薄毛の程度 頭皮の状態
治療 治療目的
発症前
抜け毛・薄毛はないが、家族にAGA
ミノキシジル塗布
真空含浸発毛法
予防
初期段階
毛の量は十分だが、抜け毛が気になる人
家族にAGAがいる

ミノキシジル塗布
プロペシア内服
真空含浸発毛法
育毛メソダーム
ニゾラーシャンプーやミノキシジルで頭皮ケア

プロペシア内服で進行を抑制し発毛を促進
中等症

すでに薄毛が進行している KIPヘアーエッセンスの塗布
ミノキシジル内服
プロペシアまたは
ザガーロ内服
HARG療法
通常のAGA治療

ある程度進行したAGAにはHARG療法を併用
重症


毛がほとんどなくなり、うぶ毛がある程度 KIPヘアーエッセンスの塗布
ミノキシジル内服

ザガーロ内服

HARG療法
植毛
かつら

HARG療法で発毛を期待出来るが、時間と回数が必要

中等症以上でも根気よく治療すれば髪はある程度復活します。
実証例はこちら!

問い合わせ