髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>プロペシア・ミノキシジル

| プロペシア・ミノキシジル |

男性型脱毛症に対するプロペシアと5%ミノキシジル併用療法
プロペシアとは

男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換され、このDHTが毛根の毛母細胞の分裂をおさえ、毛の成長を阻害します。
この5αリダクターゼという変換酵素の働きを阻害する薬がプロペシア(フィナステリド)です。

本来は前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として適応が広がりました。すでに米食品医薬品局(FDA)では飲む発毛剤として認可されている医薬品です。
日本では2005年10月11日に厚生労働省により輸入承認が認められ、12月には発売をされました。

5%ミノキシジルとは

ミノキシジルは高血圧の治療薬と開発されましたが、内服治療中髪を含め体のあちこちで毛が生え出すという多毛の副作用があり、これにより発毛を促進するという作用が発見され、育毛剤として開発されました。日本では大正製薬が5%のミノキシジルをリアップX5として発売しています。しかしべとつきがあるため、髪が少ない方はペタとしてしまいより薄く見えてしまいます。

当院ではべとつきの少ないムース状のミノキシジルを処方し、プロペシアと5%ミノキシジルの併用治療を行っています。

男性型脱毛でお悩みの方はぜひお試し下さい。

男性型脱毛でお悩みの方はぜひお試し下さい。

ただし薄毛・脱毛の原因は男性ホルモンだけではありません。

プロペシア単独の日本での臨床試験の結果が有効率54%ということからもこの治療単独では限界があるため、血行や毛穴のつまりを改善する真空含浸発毛法を併用することをお勧めします。



プロペシア単独よりもミノキシジル併用の方が中等度以上の改善の比率が高いのがわかります。つまりミノキシジル併用の方が早く髪の毛が増えるということになります。

治療法

プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル

治療法

プロペシア(1mg) 28錠 10,000円
5%ミノキシジルムース 60g 6,000円

 KIPスカルプエッセンス  100ml 18,000
 抜け毛が進行し重症の高い方のための再生医療の観点から開発された発毛剤です。

 これに加え初診料3,000円、再診料1,000円が必要になります。

 

治療法

通常1〜3ヶ月に1回の通院で、投薬いたします。
治療効果は3ヶ月単位で、お考え下さい。
まず最初の3ヶ月がすぎると細くて短い抜け毛の減少に気づきます。
次の3ヶ月が過ぎると毛が太くなり、触ると毛の根元がザラザラと触れるのを実感できます。
髪の毛が増えたかどうかは1年くらい必要です。 
※ 上記は経過は比較的効果の出方が早い方の例をお示ししました。
治療効果には個人差があります。
※ 料金はすべて税抜です。 

 

 

問い合わせ