髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>HARG療法(再生治療)

HARG療法

モザイクHARG療法
HARG療法の欠点は脂肪幹細胞由来成長因子AAPEを注射するときの痛みです。
このため局所麻酔による神経ブロックが必要なこともあります。
この欠点をを解消し、HARG療法よりもさらに効果を高めた治療が
モザイクHARG療法です。
医療用レーザー発毛モザイクhpを併用することで
レーザーによる発毛効果と
1平方センチあたり1000個の極小の穴を頭皮にあけることで薬剤の浸透をよくし
さらにクライオセル・ケアシスという冷却しながら薬剤を導入する機械を用いることで、頭皮内には注射をしたと同じくらいの高濃度の薬剤が入ります。
従来のHARG療法の痛みに比べれば10分の1以下になります。
2010年6月から新規でHARG療法を行われる方は
すべてこの方法に変更します。
従来の方法で行われている方でも、
ご希望であればモザイクHARG療法に変更可能ですので
予約時にその旨お伝え下さい。
HARG(Hair Re-Growth)療法

HARG療法は毛髪再生に必要なビタミンB、血管拡張作用のあるブフロメジルやミノキシジル、さらに毛髪再生に必要なビタミンHなどをブレンドして 個人の症状にあわせた育毛カクテルを作ります。
男性型脱毛の場合はフィナステリド(プロペシア)を、重症の円形脱毛や女性のびまん性脱毛には種々の成長因子を追加します。

このHARGカクテルを3週間おきにメソセラピーといって注射器を用いて少量ずつ頭皮全体に注射をします。さらにヒトの脂肪幹細胞由来の成長因子AAPEを追加することで早期の効果を望め、ほぼ100%の方に発毛が見られます。 注射器を用いるため痛みを伴いますが、充分薬剤を頭皮に浸透させることができます。

最近プロペシアに対して治療抵抗性を示す遺伝子が見つかっていてこの遺伝子をお持ちの方はプロペシアを飲み続けても効果がありませんので、HARG療法の適応となります。 また前頭部の生え際はプロペシアでは効果の出にくい場所ですので、HARG療法を行えば前頭部の生え際のラインがしっかりしてきます。

また女性の方では真空含浸法では効果が弱い方にお勧めで、HARG療法により抜け毛の減少、髪質の改善などの自他覚症状の改善がみられ、さらに休止期の毛根が刺激されて増殖を始めますので再発毛がおこります。


HARG療法で使用するAAPEに含まれる人の脂肪幹細胞由来の成長因子


HARG療法による毛包と毛髪再生の様子

 


まず毛母細胞が再生し、その後毛包となって毛が生えてきます。 治療方法 HARG療法では毛髪再生に必要な各種ビタミンやたんぱく質、 アミノ酸成分などを配合した 「育毛メソヘアーカクテル」にさらにヒト脂肪幹細胞から抽出した「幹細胞抽出タンパク」をブレンドした「HARGカクテル」を使用します。

「育毛メソヘアーカクテル」は毛髪再生に必要なビタミンB、血管拡張作用のあるブフロメジル、 毛髪のタンパク質ケラチンを構成するアミノ酸システインを含有する 「メソヘアー」に、さらに毛髪再生に必要なビタミンH,C,Eなどをブレンドして個人の症状にあわせたカクテルを作ります。
通常の育毛が目的であれば「育毛メソヘアーカクテル」のみでも十分ですが、さらに毛量を増やして、 増毛効果を出すためには「育毛メソヘアーカクテル」に脂肪幹細胞を5世代培養した細胞から抽出された蛋白を混合したメソカクテル(HARGカクテル)を作成します。
 
このHARGカクテルを3週間おきに頭皮に直接、注射あるいはダーマローラーを用いて浸透させ、3~6回繰り返します。 抜け毛の減少、 髪質の改善などの自他覚症状の改善がみられ、さらに休止期の毛根が刺激されて増殖を始めますので再発毛がおこります。


効果

 
治療法

毛髪再生に必要な成分を配合した 「育毛メソヘアーカクテル」と「幹細胞抽出タンパク」をブレンドした「HARGカクテル」

治療法

1回 100,000円(税別)

治療法

3週間に1回 計6回

治療期間

HARG療法は一定期間継続して受けていただくことにより効果が現れてきます。
基本的な6回で1クールとなりますが、早い方では約3回で発毛効果を実感いただくことができます。
※状態により個人差があります。

治療時間

約30分(1回) 事前に担当医師による十分なカウンセリングと治療法の説明をいたします。

治療後について

治療が終了し毛髪再生効果が見られた後は、育毛状態を保つためにも2ヶ月に1回程度の維持治療をおすすめします。
 

日本医療毛髪再生研究会について

「日本医療毛髪再生研究会」は、より安全で効果の高い毛髪再生治療の確立と提供を目指し、 世界各国の研究者と連携して研究を行っています。これにより成長因子(Growth Factor)を用いた毛髪再生医療「HARG療法」に着目し、 医療機関でしか施術することのできない毛髪再生を実証しました。

「HARG療法」はこの研究会における各専門医のもとにのみ治療を行うことが認められており、 当クリニックの院長である佐井雄一医師は、研究会に所属し当研究会の臨床応用研究に参画しています。

問い合わせ