髪のお悩みなら佐井発毛・育毛クリニックへ
HOME>真空含浸発毛法

真空含浸発毛法

真空含浸発毛法の原理「メカノバイオロジー」
メカノバイオロジーとは機械的な刺激が細胞の内部に変化を起こし、細胞の活動にどのような影響を与えるかという研究です。
組織に圧力、張力、剪断応力、浸透圧、静水圧が加わると細胞骨格を刺激しイオンチャンネルが開き、細胞に変化を生じます。
これを利用した治療がメカノセラピーです。
メカノセラピーを利用することで創傷治癒促進、アンチエイジング、Tissue Engineeringなどに応用可能です。

最近このメカノバイオロジーの研究で、皮膚を引っ張ることでマトリックスにつながる毛乳頭細胞が伸展されると、遺伝子発現を生じ発毛を促進する増殖因子が分泌されることが証明されました。

真空含浸発毛法はヘルメット状のものを頭部にかぶせて、2秒吸引して1秒で戻すというのを120回くらい行います。
この研究と同様、真空含浸発毛法も頭皮を繰り返し引っ張ることで毛乳頭細胞が刺激され、発毛を促進する増殖因子が出て発毛を促進するメカノセラピーといえます。

もちろん頭皮の血行促進と毛孔の閉塞が除去できるのも発毛に有効です。

プライム・ジェット(真空含浸発毛法)の原理



適応 男性型脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症などすべての脱毛症

真空含浸発毛法の効果はまず頭皮を真空状態に吸引することで毛穴につまった古くなった皮脂や角質を除去し(スカルプ・デトックス)、毛穴への酸素供給を改善、さらに真空状態からの解除時に育毛剤を噴霧することで、効率よく毛根に浸透させることが可能となります。

また吸引、加圧を繰り返すことで頭皮の毛細血管が拡張し、頭皮の血流が改善します。

治療法

育毛剤など

治療法

1回 15,000円(税別)

治療法

 週 1〜2回

プライム・ジェット(真空含浸発毛法)模式図

頭皮を真空状態に吸引し古くなった皮脂や角質を除去、毛穴への酸素供給を改善します。
また吸引、加圧を繰り返すことで頭皮の毛細血管が拡張し、血流が改善し発毛を促します。

毛根には老化脂(古くなった皮脂)があります。
この老化脂が残っていると、育毛剤等をはじいてしまいます。毛穴につまった老化脂は、シャンプー等ではなかなか取り除けません。
真空含浸発毛法では、機械を使って頭皮を真空状態にします。
こうして吸引すると、今まで取れなかった皮脂が吸い取られます。
その後育毛剤を噴射すると、毛根までしっかり浸透します。
真空・加圧を繰り返すことで、頭皮の血行不良も改善します。
問い合わせ